アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

八朔の収穫と防寒

八朔の収穫と防寒
11月から色づいていた果実の色も濃くなってきました。今月の中旬から収穫できそうです。一方、気温の低下は、木の活動を低下させており、防寒の必要があります。特に八朔は葉が大きく、寒害や強風などで傷みやすく、それは樹体の衰弱に直結しますし、当然果実の収量・品質の低下につながります。それに1~ 2月は花芽分化の時季に当たりますので、ぜひ防寒をしてやりましょう。


八朔の収穫と防寒
まずは、収穫です。収穫は写真のように結果している枝ごと切り取ります。この枝は弱っているので残しておいても来年の結果は望めません。それに枝葉が混み合うと、隣の結果枝の生育の邪魔になるからです。
八朔の収穫と防寒
収穫した果実は果梗(枝)が長いと他の果実を傷つけますので、写真のように付け根から切除します。これは果実の萎び防止にもなります。貯蔵に関しては、果実の腐敗防止剤での処理なども考えられますが、わが家では果実を一つずつ新聞紙で包み、段ボール箱に入れて室内に置いています。収穫してすぐに食べればみずみずしいですし、少し置いておけば甘みが増しますので、時期をずらして試してみるのもまた一興です。
八朔の収穫と防寒
ところで、今回はちょっと実験をしてみます。それは「木の外側に着いている果実は収穫し、内部の果実を残す」というものです。
柑橘類は、たいてい冬の間は果実の水分が少なくなる「ス上がり」を起こしますから、今月に収穫するか、3~4月の暖かくなってからの収穫が普通です。越冬させて収穫できるのは、暖地でのことなんですが、試しに一部の果実をこの冬は樹上に残してみることにしました。このことを思いついたのは、八朔は寒冷地では冬季に葉が凍傷を起こして、落葉することがあるようですが、わが家では日当たりの良い場所にあり、寒風も強く当たらないせいか、毎年落葉などの被害が生じていないことからです。そして、『しっかり防寒をしてやれば、果実を樹上で越冬させられるのではないか?』と考えたのです。
<さあ、やってみよー!>

1)剪定
八朔の収穫と防寒
まずは、徒長した秋枝を剪定します。
2)果実の防寒
八朔の収穫と防寒
防寒は樹体だけでなく、果実にも袋掛けをしてやります。これによって1℃くらいの保温効果が期待されるとのこと。二重袋であればさらに効果的ですし、果実との間に1cmくらいの隙間(空間)があると、1.5倍くらいの効果が期待できるそうです。

3)株全体の防寒
八朔の収穫と防寒
まず北西に防風垣を作ります。樹体そのものの防寒ですが、写真のように、主枝ごとに寒冷紗で包んでやることにします。というのは、わが家の辺りは冬に何度か雪が積もるので、株を一まとめにして包むと、雪の重みで枝が折れたり裂けたりする被害を生ずるからです。

4)完成
八朔の収穫と防寒
主枝ごとに分けると3つのまとまりができました。
暖かくなるまで、樹上で越冬させてみましょう。
※防寒に際して注意したいのは、ダニなどの害虫の有無です。もしもその危険がある場合には事前に殺ダニ剤で駆除をしておきましょう。


『八朔の収穫と防寒』に適した刃物


収穫したばかりの八朔を一ついただきましたが、爽やかな酸味とほんのりとした甘みが美味しかったです!樹上に残した八朔を3月にいただくのが実に楽しみです


伸縮式高枝鋏

切れ味20%アップ!!
首振りカットのチルト機構・かんたんズームのシングルレバー・強力カットの大型グリップで、グーンと使いやすくなりました。
160ZTR-3.0-5D ズームチョキチルトアール採収タイプロング
160ZTR-3.0-5D ズームチョキチルトアール採収タイプロング

採収鋏大曲

丸い刃先は、デリケ―トな果物に傷がつきにくい設計です。
また、刃先が短いので細かな作業を難無くこなします
410 採収鋏大曲
410 採収鋏大曲
430 採収鋏小曲
430 採収鋏小曲

採果鋏デラックス

デリケ―トな果物を傷めることなく確実に採収できるよう、より専門的に機能を高めた商品です。本格果樹園から家庭菜園まで、幅広いニ―ズにお答えします。
310DX 採果鋏デラックス
310DX 採果鋏デラックス

採収鋏大曲

丸い刃先は、デリケ―トな果物に傷がつきにくい設計です。
また、刃先が短いので細かな作業を難無くこなします
130DX-G 軽量・小型剪定鋏 ミニチョキデラックス グリーン
130DX-G 軽量・小型剪定鋏 ミニチョキデラックス グリーン

日付:
作成者 ars_pro
カテゴリー: その他の作業, 冬(12~2月), 柑橘類
タグ , ,
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。