アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

リンゴの剪定と挿木


数年前に入手したリンゴですが、
ラベルが落ちて品種が分からなくなってしまいました。

一度結実したことがあって、
果実の特徴から「ふじ」ではないかと思っています。

今回はこちらのリンゴの木の、
剪定・挿木・誘引・取木作業を行いたいと思いますlightbulb

剪定するにあたって枝をよく観察しますと、
三種類の枝が伸びていることが分かります。
ひとつひとつ、見てみることにしましょう。

【台木から伸びている枝】

赤色のマルで囲んだ部分は台木から伸びている枝です。
(台木は地下部に埋まってしまい見えていませんね・・・)

【リンゴの枝】


オレンジ色のマルで囲んだ部分から出ている枝は、
明らかに先ほどの枝と違い、いわゆる「リンゴの枝」となっています。

【ふじ(リンゴの品種)の枝】


黄色のマルで囲んだ部分は
「ふじ」というリンゴの品種の枝となっています。

一つの鉢からなぜこのような3種類の枝が出てくるのでしょうか・・・
それはこの木が2度接木されているからですscissorssparkle2

pencil接木とは・・・
主に果樹や花木で行われる繁殖方法。
他の植物の体(台木)に品種の違う穂木を接ぐことが基本的な方法です。

このリンゴの苗では、その接木が2度行われています。

ひとつめはここlightbulb

赤色のマルで囲んだ部分に、横線が入っているのがわかるでしょうか。
ここが、接木部分です。

もうひとつがここですlightbulblightbulb

ぷくりとコブがあり、その上の赤色のマルで囲んだ部分に横線がありますね。
ここが、2つ目の接木部分です。

接木部分より上は、リンゴの品種「ふじ」の木となっています。

「ふじ」という品種からすれば、
これは中間台木に接木されている状況です。

そしてこの「中間台木」の勢いが強いため、
接木部分はふくらみコブになっています。

なぜ「中間台木」を用いたのかということですが、
まず考えられるのは「ふじ」を矮化(小形化)させるのが目的で
「矮性台木」を台木に接いだということです。

そのことは「ふじ」の樹形作りでわかることでしょうし、
「中間台木」の果実からも分かることでしょうapplelightbulb

もうひとつは、「ふじ」の受粉樹となる品種を
「中間台木」とした場合です。

「ふじ」の受粉樹としては、
「王林」、「陸奥」、「つがる」などがよく知られています。

こうした一つの株に二種類が接木されたものは
「アベックフルーツ」として家庭園芸で人気があり、
通信販売のカタログにも記載されていますmagnifyglasssparkle2

いずれにしてもこの「中間台木」は大切で、
もし「アベックフルーツ」であれば楽しみですから、
枝を大切に育てることにします。

このリンゴの鉢ひとつの中に、物語がいっぱい詰まっていますねheart3
観察を終えたところで、本日の作業を開始しましょう。

● ● ● ● ● ● ● さあ、やってみよ~!● ● ● ● ● ● ● ● ●

1square健康診断


枝をみてみますと、残念ながら幹に傷があり、
そこから樹液が染み出しています。

カミキリムシの幼虫が侵入しているのかもしれませんimpact

穴から専用の殺虫剤を注入してきます。


2square主枝の剪定

剪定作業は、下方の枝から行うのがポイントです。

まずは、台木を根本から飛ばしますscissorssparkle2

その他の枝は、外側に向いている芽の上で剪定します。

3square挿木作業

台木からでた枝を用いて挿木を行います。

ミツバカイドウとマルバカイドウがありますが、
最近はもっぱらマルバカイドウが用いられているようです。

今回の台木もきっとマルバカイドウと思うのですが、
それを確認するためにも、挿木をしてみますlightbulb

見分け方としては、
〇ミツバカイドウ・・・挿木しても根がでない
〇マルバカイドウ・・挿し木したら根がでる

わかりやすいですね!

さて、作業の方法ですが
まず剪定した台木の枝を水にひたします。


穂木の長さですが節の下5mmを目安にまず切り、
全体としての長さは15cmほどのものにします。

穂木を挿すための挿し床作りですが、
鉢に赤玉の細土を入れ、さきほどのバケツにつけ込みます。

この時期の挿木では、霜柱で挿穂が浮き上がることがあるので、
鉢は大きめで排水の良い深鉢がおすすめですlightbulb

鉢のへりから1cmくらい内側に
穂木を挿していきます。

土への差し込みは穂木の3分の2が
埋まるくらいにしましょう。

これで、水から鉢を上げれば
穂木がしっかり固定されています。

かっちり!これにて挿木作業はOKです。

4square誘引作業

この木の場合には、
主枝を左右に広げ扇状に平面的なものに仕立てます。

理由は樹形づくり(剪定整姿)が簡単で、
それに場所をとらないので、
狭い庭でたくさんの株を育てることができるからです。

誘引作業ですが、平面的なものにするために枝を
麻紐でくくります。

その他の枝も同じように誘引していきます。
また、側面の枝は支柱を立てて誘引作業を行いました。

5square取木

最後に取木作業を行います。

pencil取木とは・・・
植物の人工的繁殖方法の1つです。
茎の途中から根を出させ、そこで切り取ることで新たな株を得ることができます。

まず、はさみを使って地際とその上1cmを
形成層の部分までそぎ落としますscissorssparkle2


あとは、そぎ落とした部分が隠れるくらいまで
赤玉中粒または小粒を鉢に入れます。

これにて取木作業はOK!
本日の作業もすべて完了ですsparkle2sparkle2sparkle2

全体をみてみると、すっきりとした鉢になりましたね。


『 リンゴの剪定と挿木 』に適した刃物scissors
麻紐のカットや細い枝の剪定、取木作業では、クラフトチョキを使いました◎
多用途はさみの名前そのもの、さまざまな場所で活躍してくれますsparkle2
ソフトグリップなので長時間でも手が疲れにくいです。
新クラフトチョキ


また、太い枝の剪定ではミニチョキを使用しました。
軽量ながら刃が大きく開き、切れ味抜群です。

軽量小型剪定鋏 ミニチョキ

軽量小型剪定鋏ミニチョキ
軽量小型剪定鋏ミニチョキ

★★★今日のひとこと★★★

本日は昨年9月に取木をしたユスラウメのその後をご紹介lightbulb
▼ユスラウメの取木の様子は、こちらの記事の後半でご紹介してます。
〇こちらからどうぞ〇
現在はこんなかんじ。

ビニールを剥すと・・・

無事に発根していました~~~!

蕾や芽のバランスを見ながら剪定scissorssparkle2

鉢に植えれば、あらたな株として育てることができそうですheart

西先生のお庭にて蕾のふくらみを発見。
春はすぐそこ・・・と嬉しくなった1号でしたsparkle2

日付:
作成者 ars_pro
カテゴリー: その他の果樹, 剪定, 取木, 挿木, 接木, 春(3~5月)
タグ , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です