アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

ブドウのアライグマ対策

パーゴラにブドウを絡ませて緑陰を作ろうと思っていたのですが、
アライグマによる被害を考慮した仕立て方をしなければならなくなりました。

ポイントは、果実を食害されないように保護することです。
これまで忌避剤を使って何とか被害を防いできましたが、
アライグマもきっと学習しているでしょうから、
今回は金網を用いて果実を包む方式を試みます。

理屈は単純ですが、
枝葉が繁茂している時季に行うと大変な作業になりますsweat
そこで剪定をした後で、果実がなる位置を想定し、
そこに金網を張ってやることにします。

好都合なことに、
ブドウは新梢の基部に果実が付きますから、
結果位置の予想は簡単ですsparkle2

ご承知のようにブドウは早起きで、
剪定が遅れて2月になってしまうと、
樹液がしたたり落ちて切り口がなかなか塞がらなくなります。

それに落葉した蔓をそのままにおくのは
見苦しいということもあります。

さっぱりと年内に剪定を済ませ、
気持ちよく新年を迎えることにしますsparkle2sparkle2
それでは、剪定と金網を張っていきましょう。

● ● ● ● ● ● ● さあ、やってみよ~!● ● ● ● ● ● ● 

1square主枝の更新

 

まず伸びきった主枝を切り戻し、更新していきます。

 

 

 

2square金網の張り方

 

ホームセンターで金網を調達してきました。

 

最終的には、果実を完全に包み込まなければなりませんが、
収穫期(アライグマの加害する時期)前までは、
枝葉の繁茂をできるだけ妨げないように、
張っておくことにしますlightbulb

 

支柱と金網をしっかりと紐で結び付けておきましょう。

 

 

こうすることで、
新梢の葉はあまり無理なく茂ることができ、
金網に包まれて不自然な状態は、
収獲の直前だけの短い期間ですみます。

 

また、果実はできるだけ手の届くところに付かせたいので
結果母子は下方に誘引しておきますpeacesign

 

 

3square薬剤散布

 

ブドウ栽培を始めたころは、病害虫の被害はほとんどありませんでしたが
株が増えてくるにつれて急激に「黒点病」「ブドウカシスバ」などの被害が
多発するようになりました。

 

新梢が発生してからは、薬害の問題もあり
効果も少なくなっています。

 

剪定した冬季に入念に、殺虫剤や殺菌剤を散布しておきましょうlightbulb

 

本日の作業はこれにて終了です。
金網効果でアライグマがきませんように・・・sparkle2

 

 


コンパクト鋸 花小町

剪定鋏では少し難しいような太い枝の切除に便利!
小さいため持ち運びもしやすく、西先生もお気に入りの鋸です。

詳しくはこちら


コンパクト鋸 花小町

★★★今日のひとこと★★★

今年も残すところ1ヶ月を切りました・・・!
はやい、はやすぎますね。
そろそろ年賀状の準備もしなくては、と
年の瀬に向けてそわそわ。
寒さが厳しくなる季節、
健康管理にご注意されて、残りの2015年を満喫してくださいねbud

日付:
作成者 ars_pro
カテゴリー: その他の作業, ブドウ, 冬(12~2月)
タグ , , ,