アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

老柿の更新剪定

 

 

写真は、長い間剪定整姿を怠っていたので、
すっかり樹形が乱れてしまった柿です。
樹高が高くなり、収獲や管理などの作業が大変ですし、
下部の主枝が失われているので収穫量も少なくなっています。

 

▲赤丸で囲ってある木が温州ミカンです。
それに最近は果実をアライグマなど害獣に食害されるようになり、
その対策としてもこのままの樹形では困ります。
そこで今回は、この老柿の更新剪定を行うこととしましたlightbulb
対策の第一は、樹形をコンパクトにし、
作業をし易くすることです。
柿は不定芽が幹や主枝に多く潜んでいるので、
左右に伸び上がっている主枝の片方を
写真のように切断し、そこから新しい主枝を伸ばそうというものです。

 

▲剪定目安の場所を白いビニール紐で示しています。
樹形を根本的に短期間に整えるということから考えますと、
二つの主枝を思い切ってこの際切断する、ということも考えられます。
しかしもしもこの株が何かの理由で枯死するといけませんし、
果実を来年も収獲したいということからも、ここは無理を避け
向かって左側の主枝を剪定することとしますscissorssparkle2

 

● ● ● ● ● ● ● さあ、やってみよ~!● ● ● ● ● ● ● ● ●
1square新梢の発生位置の決定
これだけの太い主枝を切断した場合、
切り口に保護材などを塗布したり、
風雨に晒されないように保護をしたとしても、
切り口からのかなりな枯れ込みは避けられません。
そこで発芽させたい位置から2~3cm位上の所を切断することにします。

 

好都合なことにこれほどの太い主枝では、
発生する新梢は数本以上でしょうし、
位置も上下の違いがあり、そのうちから適当なものを選ぶことができることでしょう。
最初から赤丸で示した主枝を剪定するのは至難の業ですsweat
枝の重さもあり危険ですので、
少しずつ高枝鋸で枝を外していきましたlightbulb

 

 

 

最後に鋸で地面と水平に主枝を切っていきます。
斜めに切ってしまうと、高い方に向かって
養分が流れていくため、剪定時は水平を心がけましょう。

 

方法としてはまず切り込みを入れ、
それから全体を切っていきますscissorssparkle2

 

 

切り口にはトップジンMを塗り、
またビニール袋をかぶせて雨風の損傷を受けにくいようにしておきます。

 


2square下枝の利用
切断予定の主枝の下方から左方に下枝が伸びています。

 

これは大切に育ててやることにします。
現状では貧弱ですが、
更新剪定によって日当たりがよくなりますから、
きっと元気回復することでしょうheart3
それにほとんど小枝が茂っておらず棒状の姿です。
つまり直射日光が当たる状態にあります。

 

この木の性質として、直射日光の当っている部分からは、
新梢がよく発生するのです。

 

ですから横にのびているこの枝は
基部から多くの新梢が立ち上がることでしょうsparkle2sparkle2

 

これにて本日の作業は終了です。

 

高枝鋸などを用いて大がかりな剪定を行いましたが、
新年に向けてすっきりとしましたね。

 

太い枝を剪定される際は、
くれぐれも怪我をされぬよう十分注意して
作業を行ってくださいexclamation1

 

 


『 老柿の更新剪定 』に適した刃物scissors

 

高い枝の剪定では、4段伸縮式高枝鋸を使いました!
最大で2.7mまで伸びるので、見上げる高さの枝でも
十分切り落とすことができます。

 

アルミタイプを採用しているので腕への負担も少なく快適です◎
▼詳しくはこちら
255Z-2.7L
★★★今日のひとこと★★★
取材日の12月15日は、美しい冬空。
気持ちのいい中で今年最後の取材を行うことができましたsparkle2
今年も1年間『プロの園芸作業』をご愛読いただきました
みなさん、本当にありがとうございました。

 

楽しんでいただけましたでしょうか?

 

来年も、更に園芸作業がすきになっていただけるよう
素敵な記事を発信できれば・・・heart3と思っています。

 

少し早いですが、よいお年をお過ごしくださいbud

 

 

日付:
作成者 ars_pro
カテゴリー: その他の果樹, 冬(12~2月), 剪定
タグ ,
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。