アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

鉢植えイチジクの整姿

ウメが開花を始める時期には、 多くの落葉樹も発芽態勢に入っていますから、 芽が冬の時期のように小さくても、剪定は早く済ませておきましょう。 イチジクの場合は、厳寒期に行うと 寒害を失せることがあります。 そうしたことから、 露地栽培の場合は2月~3月に行われることが多いようです。 続きを読む 鉢植えイチジクの整姿

日付:
カテゴリー: 剪定, 挿木, 春(3~5月), 樹木,
タグ , , , ,

スモモの平面仕立て2

家庭での果樹栽培で一番問題となるのは、 『収穫を確保しながら、庭の景色づくりといかに調和させるか』 ということでしょう。 果樹園での樹形づくりとは、 かなり異なるものになるのは致し方のないことです。 今回も、かなり手抜き発想の乱暴な樹形づくりとなりそうです。 続きを読む スモモの平面仕立て2

日付:
カテゴリー: モモ・スモモ, 仕立て方, 冬(12~2月), 剪定, 樹木
タグ ,

ブドウの生垣仕立て


40年ほど前に写真のように、 玄関脇の目隠しにトウチクを植えていました。 限られた場所で効果的な役割を果たす植物として、 タケは非常に重宝です。
しかし、植えっぱなしにしてあったので、 部分的に生育不良のものが目につくようになったことと、 庭のあちこちに新しい芽が伸びだして、 景色だけでなく他の植物の生育を阻害しはじめました。 そこで気分転換もあり、 このあたりの景色を変えてみることにしました。

続きを読む ブドウの生垣仕立て

日付:
カテゴリー: その他の果樹, ブドウ, 仕立て方, 夏(6~8月), 樹木
タグ , , , ,

落葉果樹の挿木

 2月はイチジク・キイチゴ・ユスラウメなど落葉果樹の挿木の適期です。地上部の生育は見られませんが、根の活動は今月から始まっていることが多いのです。  この時季の挿木では、挿すときには挿し穂の樹液が動いておらず、挿してから発根に適する地温になってくれるのが理想的です。  発根には 20℃前後の地温が適していますが、樹液が動いていないので、早く挿しても挿し穂の衰弱は少なく、遅れるよりは早く挿すほうが無難、というわけです。  遅れると切り口から樹液が流れ出して、傷口が癒合しにくくなり挿し穂が衰弱してしまいます。 続きを読む 落葉果樹の挿木

日付:
カテゴリー: 冬(12~2月), 挿木, 樹木
タグ ,

落葉樹の本格剪定

 落葉樹の本格剪定の適期です。養分が幹や主枝に集まっているので、小枝を外しても株全体として大きな影響を与えないで済むからです。  今月下旬から3月になりますと、樹液が枝先に集まり養分の損失が大きいだけでなく、切り口からも長い間、樹液が流れ出してしまいます。    この夏に記録しておいたモモを見ながら、剪定の要点を整理しながら樹形を整えてみましょう。  なお、この株は花モモではなく、果樹のモモです。       続きを読む 落葉樹の本格剪定

日付:
カテゴリー: 剪定, 春(3~5月), 樹木

常緑生垣の手入れ

昨今は、環境・美意識の高まりから、ドウダンツツジ・ムクゲなど季節感の高い落葉樹や、ビラカンサのように果実が見事で、しかも、害虫の天敵ともなる小鳥を呼ぶ樹木が注目されています。 一方、保安的効果の大きさなどから、常緑樹の生垣は、依然、根強い人気があるようです。 人気の高い常緑樹としては、イチイ・カイズカイブキ・サワラ・ヒノキなどの針葉樹や、イヌツゲ・カナメモチ・サザンカ・サンゴジュ・ネズミモチ・ヒイラギモクセイ・マサキ・モチなどの広葉樹がよく知られています。 常緑樹は、名前の通り四季を通じて葉をつけていますが、これは四季を通じて同化・蒸散・呼吸作用が行われているということで、生育環境がその生育(美観)に大きく関係しているといことになります。 続きを読む 常緑生垣の手入れ

日付:
カテゴリー: 刈込, 樹木, 秋(9~11月)
タグ ,

生垣の手入れ

 住宅環境の第一印象は、個々の住宅の外周のデザインが主役であり、生垣は極めて重要な役割を演じています。  関西では、環境に適応しているのに加えて、美観の点からもカイヅカイブキの人気は不動の位置を占めています。  当然のことながら、生垣の美観は手入れが肝要です。  頭の中では面倒なようですが、作業は『さあ、やってみよう』と思った時には半ば出来ているものです。  それに最近は手軽な電動バリカンが普及して、短時間で軽便に美しく仕上げることができます。       続きを読む 生垣の手入れ

日付:
カテゴリー: 冬(12~2月), 刈込, 樹木

落葉樹の植え替え

春の植え替えは、新根の伸び出す直前が適期です。 3月の声を聞くと、落葉樹の根は本格的な活動に入ります。 養水分の流れは、先ず細根から太根、そして幹~大枝~小枝と流れ、生長点に届いて発芽、ということになるのです。特に養分の吸収は根毛とも呼ばれる細い根が主役で、太くなるほど能力は低下するものです。 続きを読む 落葉樹の植え替え

日付:
カテゴリー: 春(3~5月), 植替え, 樹木
タグ , ,