アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

鉢植えミカンの摘蕾

1月にビニールで鉢全体を包み、 軒下で越冬させた 「甘夏」・「ハッサク」・「ユズ」の3種を接木した株が 元気に蕾を出してくれました。 蕾(花芽)は充実した枝、 あるいは極端に衰弱した枝に着きますが、 この株の場合には元気な葉を着けていますので、 昨年は順調な生育をしたのでしょう。 続きを読む 鉢植えミカンの摘蕾

日付:
カテゴリー: 接木, 摘蕾, 春(3~5月), 柑橘類, 鉢物果樹・盆栽
タグ , , , , ,
鉢植えミカンの摘蕾 への1件のコメント

果樹の根元接ぎ

果樹を鉢で育て、樹形は盆栽のように美しい姿に仕立てる、 「果樹盆栽」を夢見ているのですが、 市販の苗木では良いものが見つかりません。 下枝の位置が高くなっていて、 これを使用するととても大きな鉢が必要になります。 ちょうどミカン類の接木の季節ですから、 自分で苗木を作ることにしました。 続きを読む 果樹の根元接ぎ

日付:
カテゴリー: 接木, 春(3~5月), 柑橘類, 鉢物果樹・盆栽
タグ , , ,

ミカン(ハッサク)の誘引

ミカンの中でも「ハッサク」の気品のある味は格別です。 それに新しい品種も登場してくれてうれしいことです。 早速、苗木を入手して植えたのですが、 木ばかり大きくなって、実をつけてくれません。 別にハッサクに限ったことではなく、 若木は栄養生長が優先し、開花結実が後回しになるのが普通です。 続きを読む ミカン(ハッサク)の誘引

日付:
カテゴリー: 仕立て方, 剪定, 春(3~5月), 柑橘類
タグ ,

夏の徒長抑制

ミカンの三種接ぎ株の処理
2年前にユズを台木として甘夏と八朔を接木したのですが、 株元からユズが発芽して、三品種のミカンが茂っています。 このうちで、一番大切にしたいのは八朔ですが、 先端部の甘夏よりも接木が遅れたこともあり、 生長が思わしくありませんでした。 そこで、甘夏の枝を間引き(八朔に日光が充分あたるようにし)、 実をつけて、負担を大きくしてみました。 その結果、八朔が元気良く茂ってくれました。
続きを読む 夏の徒長抑制

日付:
カテゴリー: モモ・スモモ, 仕立て方, 夏(6~8月), 新梢の手入れ, 柑橘類
タグ , , , ,

ミカンの緑枝接ぎ 株の管理

  今年の8月下旬に緑枝接ぎをした接ぎ穂から新芽が伸びだしてきました。 接木したときには葉の一部を残しておいたのですが、接木が成功した途端、落ちてしまいました。 逆に失敗した場合には、葉はついたまま穂木は枯れてしまうものです。 さて、伸びだした芽から作られる葉は、充実する間もなく冬になるので、凍傷を起こさせないように注意してやります。 そのためには、まず樹体の充実が肝心です。接木が成功するまでは、半日陰のところにおいていたのですが、日当たりの良いところに移してやります。   続きを読む ミカンの緑枝接ぎ 株の管理

日付:
カテゴリー: 仕立て方, 柑橘類, 秋(9~11月)
タグ , , , , ,

緑枝接ぎ

花木や果樹にとって、今月は一つの仕上げの時季です。 というのも8月に入ると、高温乾燥という厳しい環境に見舞われ、生存の成否だけでなく、もしも生き残っても花芽分化の仕上げをしなければならず大変です。 しかし今月はまだ雨水も豊かで気温もまずまず、旺盛な生長を続けています。 そうした状態を利用しての園芸作業に「緑枝接ぎ」があります。 樹木といっても、新枝の部分はまるで草木状態といってもよい旺盛な生長をする時季ですから、 傷口の癒合回復も早い状態にあります。 この特性を利用して、希望する樹木の新枝と台木の新枝を接合させての接木をしようというのが「緑枝接ぎ」です。 続きを読む 緑枝接ぎ

日付:
カテゴリー: 夏(6~8月), 接木, 植物
タグ ,