アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

ブドウのパーゴラ仕立て

北風が強まりますと、つい暖房した部屋に閉じ籠りたくなりますが 園芸趣味では「冬季剪定(本格剪定)」の楽しみで、 戸外へと飛び出してしまいます 柑橘類のように常緑樹は、 早春が本格剪定の適期とされていますが、 ブドウやカキなどのような落葉樹では 秋に養分は大枝や幹などに送られ、 樹液の流れも少ない冬(休眠期)が適期なのです 続きを読む ブドウのパーゴラ仕立て

日付:
カテゴリー: ブドウ, 冬(12~2月)
タグ , , , ,
ブドウのパーゴラ仕立てにコメントする

ブドウの短梢仕立て

昨年、ベランダの西日を防ぐために、 ブドウ(品種:ネオマスカット)で緑のカーテンをつくりました。 緑陰と果実を楽しもうとしたのですが、 緑陰を重視したことから、新梢を多く残してしまい、 大切な結果母枝の充実をさせることができませんでした。 新梢の充実度は 「太くて節間が間延びしていないこと」で判断できますが、 秋になっても緑が残っている枝がありました。 続きを読む ブドウの短梢仕立て

日付:
カテゴリー: ブドウ, 仕立て方, 冬(12~2月), 剪定
タグ , ,
ブドウの短梢仕立て への1件のコメント

梅雨の病害虫防除

梅雨の温暖多湿は病害虫にとっては天国です。 わが家も被害を受けました。 長い間ブドウを育てていたのですが、 これまでは、ブドウスカシバの被害以外はほとんどありませんでした。 ところが、今年は大変です。 異常に小さく、 それもよく見ると黒い斑点のある果実が たくさん見つかったのです。 続きを読む 梅雨の病害虫防除

日付:
カテゴリー: ブドウ, 夏(6~8月), 新梢の手入れ, 病害虫対策
タグ , , ,
梅雨の病害虫防除にコメントする

ブドウの裂果対策

            「巨峰」、「ピオーネ」、「藤稔」など四倍体(巨大果)品種の栽培では、 裂果に注意することが大切だそうです。 わが家の「藤稔」も、昨年は成熟期にたくさんの“裂果”を生じました。 そこで、今年はその対策を中心に栽培計画を立てることにしました。 原因はいろいろあるようですが、特に下記の点に注意して管理します。 続きを読む ブドウの裂果対策

日付:
カテゴリー: その他の作業, ブドウ, 夏(6~8月)
タグ , , , , , ,
ブドウの裂果対策にコメントする

ブドウの剪定 2010年1月:藤稔

小さな庭でブドウ栽培(品種:藤稔)を始めたのですが、昨年は失敗でした。病害虫の被害はなかったのですが、袋掛けをしていた果房を収穫してみると、多くの果実が割れていたのです。いわゆる「裂果」です。 巨峰をはじめ大粒の品種(四倍体)にはよくみられる現象らしいのですが、残念でした。捨てるには惜しくてワイン材料にしたところ、少し雑菌の発生はあったものの、無事ワインにはなってくれました。 続きを読む ブドウの剪定 2010年1月:藤稔

日付:
カテゴリー: ブドウ, 冬(12~2月), 剪定
タグ , , ,
ブドウの剪定 2010年1月:藤稔にコメントする