アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

観賞用ミカンの整姿

ユズの台木に甘夏を接木し、 更に八朔を接木している鉢植えです。 一つの株で三種の果実を、という贅沢な話なのです。 彩りの乏しい冬の時季には晩生柑橘類は重宝な存在ですから。 続きを読む 観賞用ミカンの整姿

日付:
カテゴリー: 剪定, 春(3~5月), 柑橘類, 鉢物果樹・盆栽
タグ , , , , ,
観賞用ミカンの整姿にコメントする

鉢植えミカンの収穫と増し土

八朔や甘夏など、冬から春にかけて成熟する柑橘(晩柑)類を、 関西で育てる場合に悩むのは、収穫時期でしょう。 特に、今年は冬の寒さが厳しいということですから、 果実の凍傷が心配です。 続きを読む 鉢植えミカンの収穫と増し土

日付:
カテゴリー: 冬(12~2月), 柑橘類
タグ , , , , ,
鉢植えミカンの収穫と増し土にコメントする

ユズ・甘夏・八朔 三種接ぎ株の越冬

の冬は早くから寒波襲来があったせいか、 わが家のみかん類の成熟が遅れています。 写真の株はユズの苗木に甘夏を接木し、 さらに2年遅れて八朔を接木したものです。 三種の生育をみていますと、 接木した順番に甘夏が一番旺盛で、今年もいくつか結実しました。 ところが、これまでは年末には収穫できていたのですが、 今年は果実が完全に黄色くなっておらず、緑が残っています。 続きを読む ユズ・甘夏・八朔 三種接ぎ株の越冬

日付:
カテゴリー: その他の作業, 冬(12~2月), 柑橘類, 鉢物果樹・盆栽
タグ , , ,
ユズ・甘夏・八朔 三種接ぎ株の越冬にコメントする

夏の徒長抑制

ミカンの三種接ぎ株の処理
2年前にユズを台木として甘夏と八朔を接木したのですが、 株元からユズが発芽して、三品種のミカンが茂っています。 このうちで、一番大切にしたいのは八朔ですが、 先端部の甘夏よりも接木が遅れたこともあり、 生長が思わしくありませんでした。 そこで、甘夏の枝を間引き(八朔に日光が充分あたるようにし)、 実をつけて、負担を大きくしてみました。 その結果、八朔が元気良く茂ってくれました。
続きを読む 夏の徒長抑制

日付:
カテゴリー: モモ・スモモ, 仕立て方, 夏(6~8月), 新梢の手入れ, 柑橘類
タグ , , , ,
夏の徒長抑制にコメントする

柑橘の幾何学仕立て

狭い庭で四季を通じて各種の果実を収穫できたら…、ということから北摂で果樹栽培に取り組んでいます。柑橘では伊予柑・デコポン・甘夏・温州などが育ち、秋から春の果物になっています。ところが最近になって、八朔が大きくなり、横のダイダイと枝が接するようになりました。依怙贔屓になりますが、八朔を大きくしダイダイの枝を切り戻すことにしました。 続きを読む 柑橘の幾何学仕立て

日付:
カテゴリー: 仕立て方, 春(3~5月), 柑橘類
タグ ,
柑橘の幾何学仕立てにコメントする

八朔の収穫と防寒

11月から色づいていた果実の色も濃くなってきました。今月の中旬から収穫できそうです。一方、気温の低下は、木の活動を低下させており、防寒の必要があります。特に八朔は葉が大きく、寒害や強風などで傷みやすく、それは樹体の衰弱に直結しますし、当然果実の収量・品質の低下につながります。それに1~ 2月は花芽分化の時季に当たりますので、ぜひ防寒をしてやりましょう。 続きを読む 八朔の収穫と防寒

日付:
カテゴリー: その他の作業, 冬(12~2月), 柑橘類
タグ , ,
八朔の収穫と防寒にコメントする

台木と接穂のバランス

周年、自宅で果実を収穫しようとすると、果樹園のような栽培法では面積が足りません。そこで容器栽培もしているのですが、時として一つの株に複数の品種を接ぎ木するということもしています。 写真もその一つです。台木は「ユズ」で、おととしに「甘夏」の呼接ぎ、そして昨年の夏に「八朔」の緑枝接ぎをした株です。 続きを読む 台木と接穂のバランス

日付:
カテゴリー: 夏(6~8月), 挿木, 植物
タグ , , , ,
台木と接穂のバランスにコメントする