アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

モモの実生

モモの実生
「桃栗三年柿八年」と言われますが、我が家でも市販のモモを賞味し、種子を播いておいたところ、4年目から開花し結実するようになりました。
しばらくは『可愛い』ということでしたが年ごとに美味しくなるので、今は果樹として育てていく気持ちになっています。

 

 

モモの実生
野鳥が多いので被害防止もかねて袋がけをしているのですが、
今年もモモ独特の香りが感じられた7月24日に収穫をしました。

果樹栽培の楽しみの一つは種蒔きにあります。
特にモモの種子は大きいので、「桃太郎」ではありませんが夢がふくらみます。
しかも果樹としては、実生してから結実するまでの年月が短いので、「我が家のモモ」の誕生を夢見ることができますし、台木として利用できるので、鉢栽培しておきたくなります。

そこで今年も種子を播くことにしました。

まずは、果肉をきれいに取り除くことから始まります。果肉には発芽抑制物質が含まれているからです。
(写真付きの詳しい手順は下の<さあ、やってみよー!>を参照ください。)

ヌメリがあり、取り除くのに時間がかかりますので、砂などに混ぜて揉むようにすると能率が上がりますし、種皮を傷つけることにもつながり、発芽抑制物質除去だけでなく発芽時の吸水にも役立ちます。
(モモの種皮は硬いので、発芽時に必要な水分を取り込みやすいように種皮を傷つけることが知られていますが、慣れないと大切な仁を傷つけてしまうことがあります。)

さて播きつけですが、モモの種子は収穫時に播きつけても休眠しているので発芽してくれません。そこで休眠打破が必要になります。休眠は低温になって破られます。自然界では冬の寒さによって行われ春に発芽という仕組みになります。
したがって、種子を保存しておき、春に播くというのが自然なのですが、問題は種子を乾燥させると発芽力が低下するということです。

そこで人工的に低温処理をして、早く発芽させることが考えられます。現在知られているところでは、低温処理の適温は5℃で期間は2~3月となっています。温度としてはほぼ冷蔵庫の温度なので、冷蔵庫で保存しておき、秋に播きつける方法です。

もう一つの乾燥防止ですが、バーミキュライトのような清潔な用土を湿らせて種子と一緒にビニール袋などに入れておくことが考えられます。
なお、自然状態にして発芽させる場合には、種子を鉢などに埋めて、乾燥させないように地面に埋めておけば手間がかからず低温処理もできます。

 


<さあ、やってみよー!>

今回も赤シャツさんに作業をお手伝いいただきました。

1)モモの種を用意します

モモの実生
まだ、ヌメリのある状態です。

2)砂を用意します

モモの実生

3)砂で揉んでヌメリを取ります

モモの実生
ギュッギュッとよーく揉んでください。

4)ヌメリが取れてきれいになりました♪

モモの実生
さて、いよいよ播きつけです。

5)鉢(赤玉土小粒)に埋めます

モモの実生

6)水をやります

モモの実生
播きつけた日付、品種名のラベルも忘れずに。

7)鉢ごとビニール袋に入れて乾燥を防ぎます

モモの実生

8)あとは美味しいモモをいただきながら…

モモの実生
あとは美味しいモモをいただきながら、春が来るのを待ちます

 


『モモの実生』に適した刃物


果汁たっぷりのモモを食べたら元気百倍!モモの収穫、剪定に便利なはさみはこちら。

軽量・小型剪定鋏 ミニチョキデラックス

刃が大きく開き、太い枝も楽に切れます。ハ―ドクロ―ム仕上。
130DX-Y 軽量・小型剪定鋏ミニチョキデラックス イエロー
130DX-Y 軽量・小型剪定鋏ミニチョキデラックス イエロー


高級剪定鋏 Vシリーズ

刃の開きが大きいから剪定がスム―ズにできます。
滑りがよく木のヤニがつきにくいハードクロームメッキを採用。磨耗やサビに強い、優れた耐久性を誇ります。また、グリップの開き角度が小さくても刃が大きく開くので、太い枝でも楽々カットします。
高級剪定鋏ブイセブン V-7
高級剪定鋏ブイセブン V-7
高級剪定鋏ブイエイト V-8
高級剪定鋏ブイエイト V-8
高級剪定鋏ブイナイン V-9Z
高級剪定鋏ブイナイン V-9Z

日付:
作成者 ars_pro
カテゴリー: モモ・スモモ, 仕立て方, 夏(6~8月)
タグ , , , , , , , ,