アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

果樹盆栽づくり ~グミ~

グミの鉢植え

庭の一隅から、この鉢をみつけました。

長い間放任していたので樹形は乱れています。
残念なことにラベルも失っており、来夏に結実をみないと種類もよく分かりません。
本音を言いますと、ビックリグミであれば庭に植えてもよいと思いますが、
小さな果実の種類であれば鉢で育てたいと思います。
幸い、これまで鉢で育っているので、根はしっかりしており、いつでも庭に植えることかできます。

そこで問題となるのは、幹づくりです。

グミの鉢植え 徒長枝

ご覧のように、今一番旺盛な生育をしているのは、
株元から伸び上がっている徒長枝です。
もしも庭に植えるのであれば、これを幹とした方が後々の生育は旺盛になることでしょう。

一方、鉢栽培、それも“盆栽仕立て”にするとなれば、
直線的なものより曲線的なものの方が立体的に仕上がるので、
こちらの方を幹として樹形を作りたいところです。

グミの鉢植え 曲がった枝

違った見方をしますと、徒長枝は3年くらいでできあがっていますが、
もう一つの幹候補は10年以上かかって形が作られています。
写真のように幹が曲がっている部分は、芽摘み(剪定)によって直線的な伸びが止められ、脇芽を伸ばして作られた形です。

芽摘みされた部分から下と上を比較しますと、曲がった(剪定された)部分の上下では太さが違います。
それは年輪を感じさせる姿です。
そうした視点で徒長枝を見ますと、形が単純なだけでなく、年輪(太さ)が感じられません。
こうなると、10年以上かけてできあがっている幹が愛おしくなります。

この際、徒長枝を割愛して、
年輪を感じさせる方を幹として育てることにします。


<さあ、やってみよー!>

※今回の“果樹盆栽”については、
西先生監修のもと、ARS社員である赤シャツが剪定作業を行いました。
「どの枝を残すのか」、「どの位置で切るのか」、
頭を抱え、悩みながらの剪定作業となりました。
作業の様子をどうぞご覧ください。

まずは、株元から出ている徒長枝を外しました。

グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定

次に、奥に伸びている徒長枝も外しました。
徒長枝は、ただまっすぐに伸びただけで、枝の太さが変わらず、
盆栽としては“おもしろくない枝”となります。

グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定

中ほどの立ち枝も外します。
立ち枝は美しくありません。

グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定

続いて、左側の枝も剪定します。
剪定するときのポイントですが、外側に向いている芽の上で切ります。

こうすることで将来的に枝の曲線・広がりが生まれるからです。

グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定

だんだんと、すっきりしてきました。
眺めてみると、伸びすぎている枝がよく見えます。
写真中央の枝が、ずいぶんと長く伸びだしているようですので、
こちらも剪定します。

グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定

初めは恐々だった剪定作業も、
なんとなく、切るべき場所がわかってきたような気がします。
西先生にアドバイスをいただきながら、
さらに剪定作業を続けていきます。
その他の枝も同様に伸びすぎている枝を剪定します。

前述のように、ここでも剪定箇所のポイントは“外に向いている芽の上”です。

グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定
グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定
グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定

だいぶすっきりしてきたところで、
不要な小枝もたくさんあることが見えてきました。
それらを外していきます。

グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定

左右の長すぎる枝を剪定すると、
完成が近いような印象です。

グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定

と思いましたが、よく見るとまだまだ不要な小枝があります。
それらを再び外していきます。

グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定

赤シャツ 「さて、どうですか!西先生!完成です!」

グミの鉢植え 剪定

西先生 「ちょいと、右側の枝が長すぎないかな?」

赤シャツ 「なるほど。もう少し切ってみます。」

グミの鉢植え 剪定 グミの鉢植え 剪定

赤シャツ 「これでどうでしょう。完成ですね!」

西先生 「いや。もうちょっと左側も詰めた方がいいかな。」

赤シャツ 「そうですね・・・。確かに・・・。」

グミの鉢植え 剪定
というようなやりとりが最後にありつつ、
ようやく完成した形がこちらです。

グミの鉢植え 剪定終了後


まずは幹を決め、それから大枝(主枝)~小枝までの剪定をします。

幹~主枝(大技)~中枝~小枝(枝先)にかけて整える際には、
ちょうど水源地から家庭の蛇口までの水道管の配置と同じように
考えるとわかりやすいでしょう。
水量(樹液)によって管(枝)の太さを加減するというものです。
それは、その枝の年輪でもあります。

樹形が整ったら、重要なのが鉢の選択です。
盆栽としての景色を感じさせる鉢であり、
なおかつ果樹盆栽にするために、
果実を養う根を育てられるような鉢が必要となります。

ですので、鉢の選択は非常に重要になるのですが、
こちらについては、次回以降のレポートでお伝えします。


pencil取材後記

今回のレポートは新しい分野“果樹盆栽”への取り組みでした。

西先生はおっしゃられます。
「盆栽とはその一鉢で景色を創りだすもの。
鉢物とは植物の生理・生態に沿って、植物美を楽しむもの。」

つまり、鉢物は植物中心のものですが、
盆栽は人間の想いが中心となりデザインを創り出すもの、
ということです。

「盆栽で残す枝は好み」

とは先生のお言葉ですが、

『剪定によって、その鉢の未来の姿を想像できるかどうか』

ということが盆栽に取組むうえで、非常に重要な意味を持つと感じました。

これからも、“果樹盆栽”をテーマにしたレポートを更新予定です。
西先生のアドバイスを受けながら、
アルス社員として、しっかりと取組んで行きたいと思います。
皆さま、どうぞお楽しみに。



『果樹盆栽づくり ~グミ~』に適した刃物scissors


今回の作業では、弊社の新製品「VSシリーズ」の剪定鋏を使用しました。
進化を続ける赤い柄の剪定鋏「VSシリーズ」。
▼詳しくはこちら
vs.jpg

日付:
作成者 ars_pro
カテゴリー: 未分類
タグ , , , , ,