アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

ブドウ誘引での注意

ブドウ栽培で一番悔しいのは、元気に伸び出し、蕾を着けている新梢が、強風で基部から吹き飛ばされ、失われることです。
『蔓植物の宿命』といえばそれまでですが、それへの対策として「誘引」があります。
特に、家庭での栽培は果樹園とは異なり、複雑な空間での栽培になりますから、誘引は非常に大切な作業になります。

 


誘引に際して、特に留意したい点を整理してみます。

1square新梢の基部の保護
無理な誘引をすると、新梢が基部から折れ落ちてしまいます。
そこで、写真のように、母枝の伸びている方向に添って誘引してやることが大切です。

伸びている方向に逆らって引っぱると、
簡単に基部から割け落ちてしまいます。


 

2squareツルの切除
生長の旺盛な新梢は自分の体を保持するために、しっかりしたものに絡みつく「ツル」を持っています。
しかし、ツルは危険も含んでいます。
第一は病原菌の巣になることです。
第二は、何にでも絡みつくので、自分の首(果房・葉柄など)を締めつける危険があることです。それに、作業の邪魔にもなりますから、誘引に先立ってツルを除去しておきましょう。

 

3squareわき芽の切除
新梢に近い部分には、元気なわき芽が顔をのぞかせています。
きっと、先端部にもしもの事があれば…と身構えているのでしよう。
しかし、これらにも養分が送られています。
限られた場所での栽培では、養分(肥料など)を効率的に活かすことが重要です。
誘引が終わった節からのわき芽は切除しておきましょう。

 


<さあ、やってみよー!>

budヒモの掛け方
新梢は生長に従って太くなります。
そこで、よく行われるのは写真のようにヒモを一回捻って結んでおくことです。


こうしておくと、単純に結んだものより余裕がありますし、
それでいてしっかりと固定されていて、
風などで動かされて傷つくことがありません。
誘引には麻ヒモを用いています。
この自然な素材の持ち味が、ブドウの雰囲気とよく調和しますし、
最後は土に帰ってくれます。
ちなみに、麻ヒモの端は時間とともにほつれてきます。
そこで、写真のように端をくくっておくと良いですよ。

 

bud病害虫の観察
一枝ずつ手にとる機会ですから、健康診断の絶好のチャンスです。

写真の新梢には褐色の斑点があります。
大敵の「黒とう病」かも知れません。
とりあえず、手許のベンレート(殺画剤×2,000)を散布しておきます。

 

 


『ブドウの誘引での注意』に適した刃物scissors
アルスではブドウ専用の鋏がございます!
切れ味はもちろん、刃先が細く、
ブドウのツル切除や、わき芽切除にとても便利です。
収穫にも最適ですよ。

ぶどう鋏デラックス

ぶどう鋏デラックス 直刃
ぶどう鋏デラックス 直刃
刃がまっすぐのタイプです。
ぶどう鋏デラックス ソリ刃
ぶどう鋏デラックス ソリ刃
刃が根元から反ったタイプです。
手元が邪魔にならず作業できます。

日付:
作成者 ars_pro
カテゴリー: ブドウ, 夏(6~8月), 新梢の手入れ, 病害虫対策
タグ , , ,
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。