アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

レモンの苗木の手入れ

夏から秋にかけて「料理の友」として重宝したスダチも、そろそろシーズンが終わりますが、秋の植木市で入手したレモンが色づき始めました。
実が着いているのに惹かれたのも事実ですが、姿が良いので鉢植えとして、あわよくば「果樹盆栽」に仕立ててみようと思い、入手したものです。

 

それにしても、こんな小さな株に4つも実を着けさせるのは、
小学生に赤ちゃんを背負わせているようなものです。
品種は「リスボン」ですが、
収穫期は10月~翌春(5月)なので、早く収穫して株の負担を軽くしてやります。
さて、収穫の要領ですが、剪定をかねて行うことにします。


~ さあ、やってみよー! ~

1square収穫

できるだけ大きい芽のあるところで摘みます。




こうすると、来春に伸び出す新梢は、
勢いがよくなるはずだからです。

切り口には癒合剤を塗布しておきます。



▼収穫したレモン


▼収穫後の鉢植え


2square整姿

中心部の枝は、直立した状態、またはそれに近い状態で伸びています。
こうした状態は養水分の供給が良いので、どうしても徒長しがちです。
しかしそれは、下枝の生育を阻害することにつながります。
盆栽を意識した(美しい)樹形では、何よりもしっかりした下枝作りが肝心です。
それに、中心部で枝が混み合っていることも、下枝への日当たりが悪くなります。

そうしたことから、中心部で実を着けている枝は切り戻したいのですが、
気温が低くなっているので切口の癒合が悪いため、来春に行います。
下枝は、支柱を立て、上へ向くように誘引しておきました。

誘引のときには、枝と支柱の間で誘引ひもを2回程度ひねっておくと、
枝を傷めにくくなります。

3square防寒

露地植えの場合、根は地温で保護され、ちょうど掘りごたつに入っているようなものです。
ところが、鉢植えの場合は、直接に寒気にさらされる状態におかれています。
そこで根を暖かくしてやります。

【1】 鉢を包む

保温力のある素材で鉢を包んでやります。

【2】 一回り大きな鉢に鉢ごと入れる

すき間がある場合は発泡スチロールなどを入れて保温します。


【3】 外側の鉢も保温力のある素材で包む

場所がある場合は、鉢ごと地面に埋めてしまうことも効果的です。

【4】 霜や寒風を防ぐ

防寒の第一歩ですが、家庭ではまず軒下に置くことか考えられます。
それも、南や東側が適しています。
落葉樹と異なり、レモンは冬も葉を着けていますから、
乾燥した風が当たると脱水状態になりやすいのです。
暴風には特にご注意を。

 


『レモンの苗木の手入れ』に適した刃物scissors


クラフトチョキ

ちょっとした小枝、ビニール紐、麻紐などにも使えるクラフトチョキ
新しくなってますます使いやすくなりました。
グリップカラーは全部で5種類。お好きな色をお選びください。

クラフトチョキ
刃の表面にはハードクロームをコーティングすることで、ヤニがつきにくく、さびを防ぎます。 また、磨耗に強く、耐久力があり、切れ味が持続します。

 

日付:
作成者 ars_pro
カテゴリー: 仕立て方, 剪定, 柑橘類, 秋(9~11月), 鉢物果樹・盆栽
タグ , , , , , ,