アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

カキの落果防止対策

カキの幼果は6月(梅雨時)によく落果するので、
「ジューン・ドロップ」と呼ばれたりします。
原因としてはこれまで、
受精不良・日照不足・栄養不良・土壌水分(過湿や過乾燥)などが
挙げられていました。

受精不良については、カキは品種によって、
受精しなくても結実する品種がありますが、
基本的にはさせてやるように管理します。


受精の主役はミツバチとされ、
この時季に殺虫剤の散布は禁物です。
できれば近くに、
ミツバチが好きな黄色や紫色の花を植えておきます。
積極的には人工授粉が行われています。
栄養不良については、
発芽以来の貯蔵養分の消耗が極限になっており、
新葉の同化作用が頼りなのに、
梅雨時の日照不足という最悪の環境が影響しています。
株元にシルバーシートを敷くなどして、
少しでも同化作用を盛んにしてやりたいところ。
土壌水分管理については、
梅雨時の排水・梅雨明けの敷き藁などを
配慮してやりましょう。
ところで、最近注目されているのが異常気象です。
第一が冬の高温多雨です。
これによって休眠打破が順調に行われない
「寝ぼけ」状態のまま春を迎えるのです。
もう一つは春の低温です。
これで発芽が抑制されたり、
雌花の柱頭が被害を受けて受精が行われないことになります。
家庭での栽培では、
霜除けや防風、敷き藁などが限界ですが…。
化学的な処理としては、
ジベレリン(生育促進剤)の散布があります。
栄養生長が緩慢で、
夏まで新梢がだらだらと伸び続けているような場合に効果的です。
要領は、開花後10日ごろに、
100ppmの溶液を散布すると効果があるとされています。
最後になりましたが、樹体の管理も見逃せません。
第一は剪定をできるだけ控えて、
木の安定した生育をさせてやります。
カキは直射日光の当たっている古い枝から、
不定芽がよく発生しますが、
多くの場合は直立していて、
そのままでは樹形を乱す「邪魔枝」になります。
しかしこれを横に倒してやると、
元気なものは翌年には結果母枝となってくれる可能性があります。
特に若木の場合などは、
誘引によって樹形を整えることをまず考えましょう。
養分の浪費を防ぐことも大切です。
新梢が密生している場合には、
必要なものだけ残して早めに間引きます。

●●● 枝の処理 ●●●
camera1不定芽が発生している枝

枝の処理1
密生している枝は間引く

枝の処理2
捻り(ねじり)を加えて枝を横に向ける

枝の処理3
誘引によって枝を横に向ける

枝の処理完成
葉の重なりがなくなり、すっきりとしました。

木が古くなると、
枝垂れた枝が多くなります。
枝は枝垂れるほど衰弱し結実しなくなります。
もしも必要な枝の場合には支柱を添えて、
枝を上向きにしてやると元気を回復します。
不要なものであれば早く除去しておきます。
camera1枝垂れた枝

支柱を使って上向きにする

●●● 枝の角度による状態の違い ●●●
上向きの枝=生育旺盛&元気いっぱいuparrow3

横向きの枝=少し弱り気味sweat

下向きの枝=衰弱の一途・・・downarrow3

●●● 果実と葉のバランス ●●●
果実と葉のバランスも大切です。
目安は果実一つに葉20枚です。
葉が5枚以下の枝では、
まともな果実の収穫は期待できませんから摘果しましょう。
葉が5枚以下の枝
まともな果実の収穫は期待できないので摘果します。

葉が20枚以上の枝
元気な枝でも「一枝一果」になるよう摘果します。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
『 カキの落果防止対策 』に適した刃物scissors

植木鋏ロングタイプ

最新ハイテク技術で軽量化を実現しました。
刃先の長いU-600Lは、堺刃物の伝統を汲む鍛造刃を採用。
アルス独自の熱処理を施した強力な刃先は、いつまでも精度が高く、
バラつきの少ない切れ味を保ちます。
西先生も愛用のはさみですuparrow3
植木鋏ロングタイプ U-600L
植木鋏ロングタイプ U-600L

日付:
作成者 ars_pro
カテゴリー: その他の果樹, 夏(6~8月), 新梢の手入れ
タグ , , ,