アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

ブルーベリー鉢の手入れ

ブルーベリー鉢

写真は昨年、鉢に植え付け、
盆栽風に仕立てようとしているブルーベリーの株です。
当初の計画では、
まず樹形作りで肝心な下方の枝を中心に、
しっかりと枝づくりをしてから
実を結ばせようと思っていました。
ところが、気付いてみましたら、
中央部の枝にたくさん結実しているのです。

ブルーベリー鉢 中央部の結実

当然のことながら、その負担によって枝は衰弱し、
中央部はほとんど新葉がしげっていません。
しかも、実をつけていない上部の枝からは
新梢が勢いよく伸び続けています。

このままでは、養分が上部の枝に集中してしまい、
とんでもない樹形になってしまいます。
幸い、実をつけた枝からも
新しい葉が顔を覗かせていますから、
これらを助けて枝を元気にし回復させたいと思います。

● ● ●  さあ、やってみよー!  ● ● ● ● ● ●

1square 摘心
ブルーベリー鉢 新梢の伸び

写真でもわかるように、上部の結実していない枝は
新しい梢が元気に成長し続けています。
新梢が伸長するということは、
養分が消費されているということです。
それに、養分の流れ込みは、
上部の枝ほど多くなるのが樹木の共通した特徴です。
放っておくと大変なことになってしまいます。

そこで上部の新梢の先端の芽を
すべて摘み取ってやります。
これで伸長が一時的でも停止し、
株としては貯蔵している養分が蓄積されて、
下方の枝の疲労回復にまわるかもしれません。

ブルーベリー鉢 摘心
ブルーベリー鉢 摘心
ブルーベリー鉢 摘心

2square 摘果
かなり果実は大きくなっていますが、
まだまだ生長中です。
果実への養分供給をやめ、その分の養分を
枝の疲労回復に向けることが必要になります。

思い切った策としては、全部の果実を摘み取ることです。

すべての枝で摘果せずとも、
大切な枝や、衰弱の激しい枝では実行したいところです。

ブルーベリー鉢 摘果
ブルーベリー鉢 摘果後

3square 枝の誘引
まず、下方の枝はできるだけ上向きになるように
誘引してあげましょう。
ブルーベリー鉢 誘引
一方、元気に伸長している上部の枝は
写真のように下垂させてやります。

ブルーベリー鉢 誘引

これで養分の流れが悪くなり、
伸長は停止することになります。
枝を元気に伸ばすには、
まっすぐに伸ばしてあげることが大切です。
さらに、真上に向かって直立させます。
この状態の時に、養分が最も多く供給されます。

曲がりがひどく、枝先が横から下方へと向かうにつれて
養分の供給は悪くなります。
今回は関係のないことですが、
幹に近い枝ほど生長は旺盛になります。

【 反省 pencil

株立ちになる植物というのは、
スギやヒノキのように
「まず幹の先端に養分を送り込み、樹高を確保しよう」
とする性質とは異なります。

バラやツツジのように、絶えず株元から勢いのある
新梢が発生し、養分はその流れを優先するのです。
ブルーベリーもそういった性質を持っているのに
油断をしていました。

果樹の盆栽仕立てでは下枝が肝心です。
特に、下枝が枯れやすいブルーベリーには
気合いを入れて取り組むことにします。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

『 ブルーベリー鉢の手入れ 』に適した刃物scissors

せっかくなったブルーベリーの実を取ってしまうのは、
残念な気持ちにもなりましたが、
樹木本体がダメになってしまっては元も子もありません!
少しだけ残したブルーベリーの実が紫に色づき、
見て楽しい、食べておいしい鉢植えになる日を楽しみにします。

今回、摘果作業で使用した商品はクラフトチョキです。
誘引の紐やビニールはもちろんのこと、
ちょっとした小枝も切れる「クラフトチョキ」。
刃先の切れ味が抜群ですので摘蕾にも最適です。
グリップカラーは全部で6種類。
お好きな色をお選びください。
新クラフトチョキ

日付:
作成者 ars_pro
カテゴリー: その他の果樹, 夏(6~8月), 摘蕾, 新梢の手入れ, 鉢物果樹・盆栽
タグ , , ,