アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

台風対策


今年の夏は非常に厳しく、
カキの果実が日焼けを起こしています。
果実だけでなく株自体もかなりの負担があったことでしょう。
夏の高温乾燥が引き金となり、
樹木の花芽分化が行われるのですが
今年に関しては株の衰弱、それに異常な酷暑で
生理的な異常が生じないか心配です。
また、9月は台風襲来の時季でもあります。


強風で枝葉の損傷が生じますが、被害が大きくなると、
夏に分化した花芽がその刺激で動いてしまい、
来春に咲く花が秋のうちに開花してしまうことになります。
よく『秋にサクラが咲いた』ということが話題になりますが、
台風や病害虫などによって葉が失われたショックで、
来春まで休眠状態であるはずの蕾が
開いてしまったということがあるようです。

● ● ● さあ、やってみよー! ~台風対策~ ● ● ● 
庭木の場合は徒長枝を切り戻して樹形を整え、
混み合った枝は間引いて風通しを良くしておきましょう。
鉢植えなどは、倒れたり棚から落ちて鉢を割ったりするので、
棚から下ろしてやります。
実のついているゆずは倒れないように支柱で支え、
寒冷紗でくるみました。
▼ゆずの鉢植え
どの枝先にも実がついています。

▼枝を束ねる1

▼枝を束ねる2

▼支柱を立てる

▼寒冷紗でくるむ

支柱を立てずに、鉢ごと横に倒しておくのも良いことですが、
このときは泥水に汚されないように注意が必要です。
泥水には雑菌(病原菌)や線虫などの
害虫が潜んでいるかもしれませんから。
写真のようにビニール袋で包んでから、
倒しておくと安心です。
▼ビニールで包む

▼通路に倒しておく

泥水で汚れていない場合でも、台風が去ったら
ダイセンやベンレートなどの殺菌剤を散布しておきましょう。
見た目にはきれいな状態でも、
強風で葉がこすれあって傷つき、
そこから病原菌が侵入する危険があります。
特に葉裏は葉の表と違って、
強い日差しや風雨への保護組織が十分でなく、
気孔が口を開けた状態になるので、
病害虫の侵入を受けやすい状態にあります。
そこで薬剤散布の際には、
葉裏にしっかり薬液がかかるように注意します。
薬液を下から上に向けて散布すれば、
落ちてきた薬液は葉の表にかかってくれます。
▼薬剤散布中・・・
下から上へ、葉の裏側から散布しています。

台風や病害虫による不自然な損傷がなくても、
夏の間伸長を止めていた新梢が、
快適な季節を迎えて伸びだすこと(秋枝)があります。
これから伸びだす枝葉の充実が悪く、
花芽も期待できないものですし、冬に凍傷をおこしやすいものです。
何よりも貯蔵養分の浪費になります。
伸びだしてきたら初期に摘み取っておくとよいでしょう。
庭植えの場合には生育のコントロールは難しいですが、
あまりにも徒長がひどい場合には、
根を一部切断してやることで、徒長を防ぐことができます。
来春から開花する花木・果樹の多くは夏が花芽分化の時季で、
今月は完成時季と考えて、
木に強い刺激を与えないように注意しましょう。
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
『 台風対策 』に適した刃物scissors
誘引の紐やビニールはもちろんのこと、
ちょっとした小枝も切れる「クラフトチョキ」。
刃先の切れ味が抜群です、万能にお使いいただけます。
グリップカラーは全部で6種類。
お好きな色をお選びください。
新クラフトチョキ

typhoon今週は台風20号が日本列島の横を通り過ぎていますね。
大阪でも昨夜は風が強く、今朝はひんやりと寒いぐらいでした。
朝晩の気温差が大きいので体調管理には気を付けてくださいね。
aries編集:社員A子

日付:
作成者 ars_pro
カテゴリー: その他の作業, 秋(9~11月), 鉢物果樹・盆栽
タグ ,