アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

柑橘類の摘果・摘芽

冬の庭の彩として、そして味覚としても晩生の柑橘は魅力です。

北摂で大掛かりな防寒をしなくても育ってくれる、
「八朔」「甘夏」は我が家でも貴重な存在です。

最近になって「スイートスプリング」という
晩生の品種を容器栽培しておきましたら、
写真のように沢山の蕾を着けてくれましたsparkle2

しかし長期的に考えれば、
来年からの結果枝の確保をしておかなければなりません。

ご承知のように、今年結果した枝は衰弱するので
来年の結果は期待できませんsweat

そこで只今の大切な作業は摘果ですlightbulb

養分のロスを防ぐためには、
1日も早くしておきたい作業です。

問題はどの枝の摘果をするかですが、
それはこの株を今後とも容器栽培するか否かにあります。

今回は容器栽培を続けるものとして、お話しを続けましょう。

それでは作業に取り掛かります。

 

● ● ● ● ● ● ● さあ、やってみよ~!● ● ● ● ● ● ● ● ●

 

1square上部の新梢の果実は残す

自然な状態であれば、上部の枝は養分の流れ(頂芽優勢)から
栄養生長が盛んにおこなわれて、下部の枝は衰弱枯死へと進みます。

しかし容器栽培では樹形をコンパクトにしなければなりませんから、
下部の枝の充実をはかることが大切ですlightbulb

 

2square上部の新梢の処理

新梢の先端部(生長点)を摘み取ります。

これによって上部の枝葉の過剰な繁茂が防げ、
下部の新梢の生長が盛んとなります。

コンパクトな樹形で下部の枝の結実が期待できますねsparkle2

 

3square下部の新梢の処理

まずの下部の新梢の果実は全て摘み取ります。

ちょきんscissorssparkle2

 

全て摘み取ると、下部がだいぶ軽やかになりました!

これによって新梢の充実がはかられ、
今後は充実した枝づくりが行われることでしょうlightbulb

枝の勢いは上に向かっている時は元気で、
横から下垂するにつれて衰弱に向かいます。

そこで将来の大枝、
つまり結果枝を着けるであろう新梢は、
支柱などを用いて、上方へと誘引しておきましょう。

枝の誘引に関しては、完成時の樹形をしっかりと見極めて、
どの枝の葉もムラなく採光と通風がはかられるようにしますsparkle2

そうしたことから多くの場合、
主枝を3本とし、これを左右に広げ
完成時には扇状に仕立てることにします。

我が家の場合、いろんな目的で、
多種類で多品種を育てたいため、
大きな樹形・場所を広く占めるような樹形は困るのですimpact

その点、扇状仕立ては場所をとりませんし、
並べてもすっきりとし手入れがしやすくなります。

また、枝葉にとっても採光・通風のムラがなくなり
病害虫の巣となる危険がなく、健康的な生育が期待できますsparkle2sparkle2sparkle2
誘引してやることで、どの葉っぱにも日が当たり
なんだか嬉しそうに感じますね・・・heart3

本日の作業はここまで!
おつかれさまでした~!

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

『 柑橘類の摘果・摘芽 』に適した刃物scissors

摘果鋏L
摘果作業にて使いました。
刃先までしっかりと切れる刃物ですsparkle2
摘果鋏L 300L
摘果鋏L 300L

★★★今日のひとこと★★★

取材中に蝶がひらひら~
思わず追いかけてぱしゃり!とシャッターを切ると
飛び立つベストショットとなりましたwinksparkle2

外での作業も日が照って、
汗を拭くタオルが手放せません。

頭には帽子を、首にはタオルを、そして時には水分補給を忘れずに
楽しく園芸作業をしていきましょうね!

日付:
作成者 ars_pro
カテゴリー: その他の作業, 夏(6~8月), 柑橘類
タグ , , , , ,
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。