アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

ブドウの生垣仕立て


40年ほど前に写真のように、 玄関脇の目隠しにトウチクを植えていました。 限られた場所で効果的な役割を果たす植物として、 タケは非常に重宝です。
しかし、植えっぱなしにしてあったので、 部分的に生育不良のものが目につくようになったことと、 庭のあちこちに新しい芽が伸びだして、 景色だけでなく他の植物の生育を阻害しはじめました。 そこで気分転換もあり、 このあたりの景色を変えてみることにしました。

続きを読む ブドウの生垣仕立て

日付:
カテゴリー: その他の果樹, ブドウ, 仕立て方, 夏(6~8月), 樹木
タグ , , , ,

梅雨の病害虫防除

梅雨の温暖多湿は病害虫にとっては天国です。 わが家も被害を受けました。 長い間ブドウを育てていたのですが、 これまでは、ブドウスカシバの被害以外はほとんどありませんでした。 ところが、今年は大変です。 異常に小さく、 それもよく見ると黒い斑点のある果実が たくさん見つかったのです。 続きを読む 梅雨の病害虫防除

日付:
カテゴリー: ブドウ, 夏(6~8月), 新梢の手入れ, 病害虫対策
タグ , , ,

季節の園芸作業 ~2011年寒波~

厳しい寒波の襲来です。 春の訪れが遅くなるのでは…と気になりますが、 植物(特に落葉樹)の発芽・開花が早まるかもしれません。 今回は「この冬の注意」と「落葉樹の剪定・挿木」についてお伝えしたいと思います。 続きを読む 季節の園芸作業 ~2011年寒波~

日付:
カテゴリー: ブドウ, 冬(12~2月), 剪定, 挿木
タグ , , , ,

ブドウの剪定 2010年12月:キャンベルアーリー

5年前に北摂のわが家の庭で、ブドウの「キャンベル アーリー」「デラウエア」「ネオマスカット」の3品種を植付け、同じように手入れをしているのですが、繁茂の状態は「ネオマスカット」が断然一位で、続いて「キャンベル アーリー」「デラウエア」の順に育っています。 それでも、一番大切なのは「キャンベル アーリー」です。名前の通り早く熟することを、遠くに住んでいる小学生の孫は知っており、夏休みに入るといそいそと収穫にやってくる、という事情があるのです。 さて、この「キャンベル アーリー」(ブドウ)の季節(冬)の手入れとして大切なのが剪定です。 続きを読む ブドウの剪定 2010年12月:キャンベルアーリー

日付:
カテゴリー: ブドウ, 冬(12~2月), 剪定
タグ , ,

苗木の温湯消毒

剪定した時に挿木をしておいたものが、苗木として育っていますので、鉢栽培をしてみることにしました。品種は「デラウェア」と「カベルネ ソーヴィニオン」です。 前者は育てやすく、わが国で古くから人気の品種です。後者はワイン作りの品種として世界的に有名なものです。両者とも雨や過湿を嫌うので、鉢栽培としてベランダの軒下で育てることにしました。 続きを読む 苗木の温湯消毒

日付:
カテゴリー: ブドウ, 冬(12~2月), 挿木, 植付け
タグ , , ,

ブドウの緑枝接ぎ

  昨年の「藤稔」の栽培では、“裂果”が多く発生しました。 原因は雨の影響が一番だったようですが、栽培管理にも問題があったようなので、今年は“裂果”をさせない栽培管理に再挑戦しています。
ブドウの劣果対策をよむ
しかし、今年も力及ばず“裂果”が多発するようだと、やはりこの庭での「藤稔」の栽培は断念しなければならないのか…、と悲観的な思いもよぎっています。 そうなればまさに最悪のパターンですが、その事態に対しても対策を考えておかなければなりません。   続きを読む ブドウの緑枝接ぎ

日付:
カテゴリー: ブドウ, 夏(6~8月), 接木
タグ , , , , , ,