アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

カキの落果防止対策

カキの幼果は6月(梅雨時)によく落果するので、 「ジューン・ドロップ」と呼ばれたりします。 原因としてはこれまで、 受精不良・日照不足・栄養不良・土壌水分(過湿や過乾燥)などが 挙げられていました。 受精不良については、カキは品種によって、 受精しなくても結実する品種がありますが、 基本的にはさせてやるように管理します。 続きを読む カキの落果防止対策

日付:
カテゴリー: その他の果樹, 夏(6~8月), 新梢の手入れ
タグ , , ,