アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

鉢物の剪定

    栽培棚で小さなトウカエデを見つけました。 小盆栽に仕立ててみようとしているものです。 普通であればこのように徒長する前に芽摘みをしてやれば、 樹形を乱さないだけでなく、更に樹形が良くなったことでしょう。 しかし剪定の適期ですから、樹形を整えてやりましょう。 続きを読む 鉢物の剪定

日付:
カテゴリー: 冬(12~2月), 剪定, 挿木, 植替え
タグ

ワイン用ブドウの魅力

フランスのボルドー地方で、赤ワインの代表的品種として知られている 「カベルネ・ソーヴィニヨン」というブドウの品種を数年前から栽培しています。 露地で栽培してみましたがあまり成績が良くないので、 ベランダの軒下で鉢栽培をしたところ元気に育ってくれ、 少量ですが毎年収穫を楽しんでいます。 きっとわが国の高温多湿(多雨)という環境は好まないのかもしれませんね。 続きを読む ワイン用ブドウの魅力

日付:
カテゴリー: ブドウ, 冬(12~2月), 剪定, 植替え
タグ ,

鉢植えグミの剪定

わが国に自生する(温帯)植物たちは冬篭りに入り、 落葉樹は伸長作用や同化作用を停止して葉を落とし、 「寒樹」の姿になっています。 養分も枝先から大枝や幹に集まって、 小枝を失ったとしても体力の消耗は少ない時期です。 園芸作業では、本格的な剪定整姿の適期となります。 続きを読む 鉢植えグミの剪定

日付:
カテゴリー: 植替え, 秋(9~11月)
タグ ,

矮性モモで盆栽仕立て

  矮性モモ[品種:ボナンザ・ピーチ]の鉢植えを入手しました。 矮化は節間が非常に短くなったことにあります。 それでいて、芽はたくさん残っているので、 枝を短く切り戻したい盆栽仕立てには誠に好都合です。 続きを読む 矮性モモで盆栽仕立て

日付:
カテゴリー: モモ・スモモ, 仕立て方, 冬(12~2月), 剪定, 植替え
タグ , ,

リンゴの鉢栽培 ~果樹盆栽仕立て~

 
リンゴ「アルプス乙女」の苗木を入手しました。 第一の目的は授粉樹として。 ご承知のように、リンゴは他品種の花粉でよく結実します。 特にアルプス乙女は授粉樹として定評のある品種です。
もう一つの目的は果樹盆栽に仕立てることです。
続きを読む リンゴの鉢栽培 ~果樹盆栽仕立て~

日付:
カテゴリー: その他の果樹, 仕立て方, 冬(12~2月), 剪定, 植替え, 鉢物果樹・盆栽
タグ ,

モモの植え替え ~盆栽風な仕立て~


元々は露地植えをしていたモモですが、 庭の都合で容器栽培にしている株です。
全ての葉を落として休眠に入ったようなので、 植え替えをし、少し樹形をコンパクトにし、 盆栽風の仕立てにしたいと思います。
続きを読む モモの植え替え ~盆栽風な仕立て~

日付:
カテゴリー: モモ・スモモ, 仕立て方, 冬(12~2月), 剪定, 植替え, 鉢物果樹・盆栽
タグ , , , ,

ミカンの移植

一年前、 庭の模様替えで邪魔になった温州ミカンがありました。 移植するには時季が悪かったものの、 良い品種なうえに結実している株だったので、 捨てるには惜しかったのです。 そこで、波板を使って、長く伸びた根を切り戻し、 株元近くに新根を集中的に発生させるようにしました。 続きを読む ミカンの移植

日付:
カテゴリー: 柑橘類, 植付け, 植替え, 秋(9~11月)
タグ , ,

スモモの定植

鉢栽培しているスモモ[品種名:ハニーローザ]ですが、かなり大きくなって、一回り大きな鉢に植え替えてやりたいところです。しかし、後期高齢者には、これ以上の大鉢の取扱は大変なので、地植えしてやることにしました。 落葉樹の移植・植付けは晩秋に入り、落葉してからが安全とされていますが、この木の場合は鉢栽培されているので、細根をあまり損傷しないで植え付けられます。 そこで、葉の着いた状態で植え付けることにしました。 それに、今回の株は、昨年から安定した結果をするようになっており、今年も初夏から秋にかけてたくさん花芽分化をしており、休眠に入っている様子なので、根を傷めないように植え付けることにします。 続きを読む スモモの定植

日付:
カテゴリー: モモ・スモモ, 植替え, 秋(9~11月)
タグ , ,