アルスコーポレーション

Global Site

HOME > プロの園芸作業

プロの園芸作業

果樹の根元接ぎ

果樹を鉢で育て、樹形は盆栽のように美しい姿に仕立てる、 「果樹盆栽」を夢見ているのですが、 市販の苗木では良いものが見つかりません。 下枝の位置が高くなっていて、 これを使用するととても大きな鉢が必要になります。 ちょうどミカン類の接木の季節ですから、 自分で苗木を作ることにしました。 続きを読む 果樹の根元接ぎ

日付:
カテゴリー: 接木, 春(3~5月), 柑橘類, 鉢物果樹・盆栽
タグ , , ,

ミカン(ハッサク)の誘引

ミカンの中でも「ハッサク」の気品のある味は格別です。 それに新しい品種も登場してくれてうれしいことです。 早速、苗木を入手して植えたのですが、 木ばかり大きくなって、実をつけてくれません。 別にハッサクに限ったことではなく、 若木は栄養生長が優先し、開花結実が後回しになるのが普通です。 続きを読む ミカン(ハッサク)の誘引

日付:
カテゴリー: 仕立て方, 剪定, 春(3~5月), 柑橘類
タグ ,

ユズ・甘夏・八朔 三種接ぎ株の越冬

の冬は早くから寒波襲来があったせいか、 わが家のみかん類の成熟が遅れています。 写真の株はユズの苗木に甘夏を接木し、 さらに2年遅れて八朔を接木したものです。 三種の生育をみていますと、 接木した順番に甘夏が一番旺盛で、今年もいくつか結実しました。 ところが、これまでは年末には収穫できていたのですが、 今年は果実が完全に黄色くなっておらず、緑が残っています。 続きを読む ユズ・甘夏・八朔 三種接ぎ株の越冬

日付:
カテゴリー: その他の作業, 冬(12~2月), 柑橘類, 鉢物果樹・盆栽
タグ , , ,

レモンの苗木の手入れ

夏から秋にかけて「料理の友」として重宝したスダチも、そろそろシーズンが終わりますが、秋の植木市で入手したレモンが色づき始めました。 実が着いているのに惹かれたのも事実ですが、姿が良いので鉢植えとして、あわよくば「果樹盆栽」に仕立ててみようと思い、入手したものです。   続きを読む レモンの苗木の手入れ

日付:
カテゴリー: 仕立て方, 剪定, 柑橘類, 秋(9~11月), 鉢物果樹・盆栽
タグ , , , , , ,

果樹盆栽の素材選び

家庭果樹の場合には、一株で何百個もの果実が収穫できることより、 一株からは多くなくても、たくさんの種類(品種)があって、 しかも周年収穫できることがありがたいものです。 特に核家族になるとそうなんじゃないでしょうか。 そうした時にまず浮かぶのが鉢(容器)栽培です。 苗木からであれば大抵の果樹は鉢で育てられますが、 本来コンパクトな品種が何かと好都合ですし、 樹形の鑑賞という楽しみも見逃せません。 ちょうど果樹の苗木が店先に並ぶ季節なので、 見学に出かけ、気になる鉢を手に入れてきました。 続きを読む 果樹盆栽の素材選び

日付:
カテゴリー: その他の果樹, ブドウ, モモ・スモモ, 柑橘類, 秋(9~11月), 観察, 鉢物果樹・盆栽
タグ

ミカンの高枝接ぎ

ダイダイは子孫繁栄の「代々」につながるからでしょうか、 縁起のよい植物の一つとされています。 果汁はとても酸っぱいので生食には向きませんが、 素敵な「酢」として、また風邪除けの薬としても重宝されます。 わが家でも大切な果樹ですが、丈夫な性質なので大きくなりすぎましたから切り戻しました。切り口から新梢が発生しましたので、これらに違う種類の柑橘を接木することにします。   続きを読む ミカンの高枝接ぎ

日付:
カテゴリー: 夏(6~8月), 接木, 柑橘類
タグ , , , , , , ,
ミカンの高枝接ぎ への1件のコメント

ミカン(甘夏)の摘蕾

一昨年に園芸店でポット植の苗木を入手し、 容器に植え付けた甘夏です。 昨年、元気な新梢がたくさん伸び出し、果実を1ケ収穫しました。 ところが、今年はほとんどの枝先に蕾が着いています。 こうした状態は危険です。 続きを読む ミカン(甘夏)の摘蕾

日付:
カテゴリー: その他の作業, 春(3~5月), 柑橘類
タグ ,

ミカンの移植

一年前、 庭の模様替えで邪魔になった温州ミカンがありました。 移植するには時季が悪かったものの、 良い品種なうえに結実している株だったので、 捨てるには惜しかったのです。 そこで、波板を使って、長く伸びた根を切り戻し、 株元近くに新根を集中的に発生させるようにしました。 続きを読む ミカンの移植

日付:
カテゴリー: 柑橘類, 植付け, 植替え, 秋(9~11月)
タグ , ,

夏の徒長抑制

ミカンの三種接ぎ株の処理
2年前にユズを台木として甘夏と八朔を接木したのですが、 株元からユズが発芽して、三品種のミカンが茂っています。 このうちで、一番大切にしたいのは八朔ですが、 先端部の甘夏よりも接木が遅れたこともあり、 生長が思わしくありませんでした。 そこで、甘夏の枝を間引き(八朔に日光が充分あたるようにし)、 実をつけて、負担を大きくしてみました。 その結果、八朔が元気良く茂ってくれました。
続きを読む 夏の徒長抑制

日付:
カテゴリー: モモ・スモモ, 仕立て方, 夏(6~8月), 新梢の手入れ, 柑橘類
タグ , , , ,