アルスコーポレーション株式会社

Global Site

プロフィール

畑 明宏(はたあきひろ)

1967年生。兵庫県西宮市出身。ガーデニング研究家。樹木医。
2014年に独立後、奈良市で土壁と木の家に暮らしながら、家族5人分のお米と野菜を自らつくる。
現在はNHKテレビ『ぐるっと関西おひるまえ』にも講師として出演中。
著書「コップひとつからはじめる自給自足の野菜づくり百科」など。

秋冬のベランダ菜園におすすめのミニ野菜、果物、エディブルフラワー12選
   

秋冬のベランダ菜園におすすめのミニ野菜、果物、エディブルフラワー12選


夏野菜の収穫も終わった8月後半、そろそろ秋冬のガーデニング計画を立てましょう。マンションのベランダで栽培できる秋冬ミニ野菜や果物、エディブルフラワー(食用花)を、ガーデニング研究家・畑明宏(はたあきひろ)さんによるイラストとともにご紹介します。

▼前回の記事「夏野菜の切り戻しと収穫後の土の再生」

◎キッチンガーデンとは?
野菜・くだもの・エディブルフラワー(食べられるお花)・ハーブなどを彩りよく植えた、”見る”と“食べる”が楽しめるお庭のこと。この連載ではベランダで無理なくできるビギナー向けキッチンガーデンのアイディアをたくさん紹介していきます!

《目次》


1.秋冬のキッチンガーデン計画を立てよう!

2.秋冬のベランダ菜園にオススメのミニ野菜6選

3.秋冬のベランダ菜園にオススメの果物3選

4.秋冬のベランダ菜園にオススメのエディブルフラワー3選

5.刃物のソムリエ・アルスケのオススメ道具

6.今回のおさらいと次回の予告


秋冬のキッチンガーデン計画を立てよう!

「今回は、キッチンガーデンにオススメの秋冬ミニ野菜、果物、エディブルフラワーをご紹介します。」

「花坂家の皆さんは、初めての秋冬ガーデニングですね。家庭菜園といえばトマトやキュウリといった夏野菜のイメージかもしれませんが、実は涼しくなる秋から冬にかけても園芸にはよいシーズン。気温が低くなると虫の心配や水やりの失敗が少なく済むので、初心者さんにはオススメなんです。秋冬のガーデニング計画を立てて、キッチンガーデンを楽しみましょう! 」

「はい、よろしくお願いします!」

\ベランダガーデニングで使う鉢・プランターの選び方などはこちらの記事で! /

秋冬のベランダ菜園にオススメのミニ野菜6選

根菜類をはじめスープや煮込み料理にぴったりの秋冬野菜。今回は、ベランダでも気軽に栽培できる小ぶりで可愛らしいミニ野菜を中心にご紹介します。

◎ミニキャロット


ミニキャロットはニンジンを小型に改良した品種で、甘みが強く、やわらかいのが特長です。甘く煮てグラッセにしたり、スティックサラダにしたりと、さまざまな料理に活躍しますよ。ぜひご家庭で育ててみましょう!

◎芽キャベツ


芽キャベツはキャベツと同じアブラナ科です。葉の付け根に出てくる脇芽がふくらんで芽キャベツになります。ベランダでも育てられ、上手く育てれば1本の茎に数十個鈴なりになります。下茹でしてからソテーなどにするとオシャレでおいしいですよ!

◎ミニ玉ネギ(ペコロス)


ペコロスはプチオニオンとも呼ばれています。直径3~4cm位の小玉ねぎの総称です。通常の玉ねぎを過密状態で小さく育てたものと、もともと小さい品種のものがあります。どちらも同じようにベランダで育てられます。

◎ラディッシュ


別名「二十日大根」とも呼ばれるラディッシュは成長が早く、種をまいてから1ヶ月前後で収穫することができます。生食はもちろん、ピクルスにしても美味しくいただけますよ。小ぶりでかわいらしく、ベランダのキッチンガーデンにぴったりです。

◎小カブ


カブの品種は非常に多く、全国各地に地の物があったりします。大きさで小カブと大カブ、色で赤カブなどです。小カブは成長が早く、ベランダでも簡単に育てることが出来ます。ほっこりと冬の煮込み料理に使いたいですね。

◎ニンニク


料理の風味づけや味のアクセントに使われるニンニク。香り成分の「アリシン」に強い殺菌作用があり、スタミナ補給や疲労回復に役立ちます。病害虫も少なく育てやすくベランダ栽培にオススメです!

秋冬のベランダ菜園にオススメの果物3選

かわいらしい果物もベランダで育てられます。ぜひ自家製の果物を楽しみましょう!

◎イチゴ


甘酸っぱい冬のたのしみ、イチゴ。コツを抑えれば、ベランダの家庭菜園でも真っ赤に熟したイチゴが収穫できますよ!

簡単に育てやすい品種や育て方のコツなどをわかりやすく解説した記事をアップ予定です。お楽しみに!

◎ワイルドストロベリー


ワイルドストロベリーは、ふつうの食用イチゴを小さくしたようなかわいらしい見た目が特徴。花壇や寄せ植えなどでも目にすることがありますね。もちろん食べられます。果実はフルーティな香りが魅力ですよ! ベランダのキッチンガーデンで育てれば、一気に華やかになります。

◎ブルーベリー


ブルーベリーは実がつきやすく、ベランダでも育てやすい家庭果樹です。パンケーキのトッピングやジャムにしておいしくいただけますよ。

\ くわしい育て方はこちらの記事で! /

秋冬のベランダ菜園にオススメのエディブルフラワー3選

最近人気のエディブルフラワー(食用花)もベランダで育てられます。たくさん収穫できるので、リーズナブルに見て食べて楽しめますよ! ぜひ育ててみてください。

◎パンジー&ビオラ


パンジーとビオラはヨーロッパに自生するスミレの野生種から育種され、かつては大輪のものをパンジー、小輪のものをビオラと呼んで区別していました。最近は複雑に交雑された園芸品種が多く区別できなくなっていますが、彩り豊かで愛らしく、エディブルフラワーの代表格です。淡泊でクセのない味なのでサラダやケーキのトッピングに幅広く使えますよ! ベランダのプランターで気軽に育てられます。

◎ナデシコ


ナデシコは可憐な花が多くの人に愛され、古くから品種改良が続けられてきました。カーネーションやカスミソウもナデシコ科の植物です。秋の七草にも数えられるカワラナデシコなど、日本に自生している品種もあります。ほんのり甘みがあり、クッキーやカップケーキのトッピングに使えます。ぜひベランダでエディブルフラワーとして育ててみましょう!

◎キンギョソウ


キンギョソウは花色のバラエティに富み、春めいたにぎやかさを感じさせる花です。甘い香りを漂わせ、金魚を連想させるふっくらとした花形が特徴。ほどよく苦みがあり、熱に強いので炒め物の彩りにもピッタリなエディブルフラワーです。ベランダで育てれば目にも楽しいですね。

※エディブルフラワーに用いる種や苗についてはこちらをご一読ください。
◎どんな種を使ってもいいの?
エディブルフラワーは口に入れるものなので「ハーブ用」「エディブルフラワー用」として販売されている種がよりオススメです。「オーガニック(有機栽培)」の種も使用できますよ。ちなみに、食べてはいけない毒性を持つ花もありますので、種を購入する時は花の種類をしっかり確認してくださいね。
◎花苗ならなんでもいいの?
一般的に販売されている咲いた状態の花は、農薬や鮮度を保つための薬剤がついている可能性があるので食用にはできません。エディブルフラワーは、花のついていない苗、あるいは咲いている花を摘んだ苗(※1)から育てましょう。
※1.振りかけるタイプの農薬は花を摘んで除去し、根から吸収するタイプの農薬は再度花が咲くまでのおよそ1ヶ月を無農薬で育てることで植物の体内で分解されます。

エディブルフラワーについての農林水産省の記載はこちら

\ エディブルフラワーの育て方(春夏)はこちら /

番外編

シイタケ(キノコ)


原木栽培が主流のシイタケ(キノコ)ですが、最近は誰でも簡単に育てられるキットが販売されています。観察も楽しく、オススメですよ!

おいしいマイシイタケの育て方をお教えします!

月桂樹(ローリエ)


月桂樹は庭木や公園樹としてよく目にしますね。刈り取った月桂樹の葉を乾燥したものがお料理によく使われるローリエです。月桂樹に含まれる成分は唾液や胃液の分泌を促して、食欲増進作用がありますよ。ベランダでも育てやすく、見て食べて楽しめる家庭果樹としてオススメです!

刃物のソムリエ・アルスケのオススメ道具

「こんにちは。刃物ソムリエの、アルスケです。今回は秋冬のガーデニングにオススメの刃物をご紹介します。」

「ガーデニングにはハサミが必須。お気に入りの1丁で、楽しみながら作業しましょう!」

「お願いします!」

《とにかく便利!クラフトチョキ》


クラフトチョキは、植物はもちろん園芸に使う紐やビニール製品のカットにとても向いています。刃先がシャキッと切れ、軽く、握りやすいのが特徴です。グリップは適度に柔らかく、長い時間作業しても疲れを感じにくいです。プロの農家さんにも使われています。」

「私も使っていますよ。1丁でいろいろな作業ができるので、とても便利です!」

\ お求めは園芸店、ホームセンター、各インターネットショップなどで /

左からEG-330H-W(=FW-330H-W)、 FW-330H-PFW-330H-YFW-330H-VFW-330H-GKG-330H-BK

全長 160mm/刃長 40mm/質量 50g

●高炭素刃物鋼 ●ハードクローム仕上げ ●ソフトグリップ ●刃カバー付

《オシャレなガーデニングに。Gクラシックシリーズ》

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は GC.png です

【Gクラシック】はガーデニング用シリーズ。ノコギリや剪定鋏など、ガーデニング作業に使えるさまざまな刃物をご用意しています。園芸ツールを同じシリーズでそろえると作業も楽しいですよ!」

「いろいろ揃っていてテンションが上がる~!」

\ お求めは園芸店、ホームセンター、各インターネットショップなどで /

【Gクラシック】シリーズの一覧はこちら

今回のおさらいと次回の予告

「今回は、秋冬のキッチンガーデンにオススメのの植物をご紹介しました。」

「ミニ野菜は上手に調理できるか心配で買うのをしり込みすることがあるけど、自分で育てれば問題ないですね!」

「ずっと気になってたワイルドストロベリーも育てるの楽しみやわ~」

「パンジーとビオラ、絶対きれいに咲かせたい!」

「それぞれ育て方のコツを抑えれば、上手に楽しく育てられます。これからもどんどんお教えするので、秋冬もキッチンガーデンを楽しみましょう!!」

「よろしくお願いします!」

「次回はミニキャロットの育て方をお届けします。お楽しみに。」

▷次回【ベランダでミニキャロットを育てるコツ】につづく


ここまでお読みいただきありがとうございます。

まだまだ暑さが厳しいですね。外でのガーデニング作業は体調と相談して行いましょう! 無理をしないことも大切ですよ。

\ アルスケの夏休み/

おいしそうなスイカがあったので、スイカ割りにチャレンジ!

\ 上手に割れました! /



アルスのマスコット「アルスケ」についてはこちらの記事へ

それでは、次回をお楽しみに!

📢 公式Twitter & アルスケinstagramでキッチンガーデンの様子を更新中!

◎ガーデニングにおススメ|Gクラシックシリーズ

▼アルス商品はこちらからもお求めいただけます

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は icon_ARS園芸刃物ショップ.png です

\ はたさんとアルスケのチョキチョキライフ /

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は icon_第1話はこちら.png です

大阪堺の刃物メーカー・アルスコーポレーションのマスコット、赤いワニの「アルスケ」と、ガーデニング研究家のはたさん(畑明宏さん)がお届けする『はたさんとアルスケのチョキチョキライフ』。2020年はとある住宅街のマンションに暮らす「花坂さん一家」がアルスケとはたさんとの出会いをきっかけに、ベランダで“キッチンガーデン”に取り組む様子を描きます。