アルスコーポレーション株式会社

Global Site

プロフィール

西 良祐(にし りょうすけ)

大阪府立園芸高等学校教諭、甲子園短期大学教授、常磐会学園大学教授を経て、(社)フラワーソサイエティー名誉会長を勤める。 その他NHKテレビ「趣味の園芸」講師や財団法人川西市緑化協会理事、社団法人日本家庭園芸普及協会技術顧問など。

プロの園芸

プランター栽培ブドウの整姿

写真は、挿木でふやし、2013年の11月にプランターに植え付けたブドウです。品種は「甲州三尺」×「マスカット・オブ・アレキサンドリア」で育成された 「マスカット・ベリーA」です。 ...

鉢植えブルーベリーの植栽と整姿

数年、鉢植えしていたブルーベリーを、庭に植えることにします。 ご承知のように、ブルーベリーは、 同じ系統の多品種の花粉で結実する性質がありますし、 味覚の確認などもしたかったので、鉢植...

鉢植え果樹苗木の入手・植付け

春と秋は苗木の植付け時期なので、園芸店には沢山の種類の苗木が揃えられています。苗木といっても、落葉樹と常緑樹では発芽(発根)時期に違いがあり、 落葉樹は2~3月、常緑樹は3~4月が目安...

鉢植え桜桃の異変

「中国桜桃」だよ、ということで友人から頂いたサクランボがあります。サクランボといえば「ナポレオン」とか「佐藤錦」など洋種の品種が魅力ですが、 「中国桜桃」は樹形がコンパクトなので、家庭...

プランター栽培のイチジクの手入れ

イチジクは生育が旺盛で、放任栽培でも結構収獲を楽しめるのですが、よく繁茂するので狭い庭での栽培では、早春の剪定整姿は大切な作業です。それに生育旺盛なのと浅根性なので、容器栽培では移植・断根を怠らない...

モモの模様木仕立て

  今月の主役の植物「モモ」です。大鉢に植えておいたのですが、油断していたので写真のような姿になりました。果樹栽培姿としては全く失格でしょうが、この「クセ」のある樹形を活かし...

スモモのトピアリーの剪定整姿

果樹では、自家不結実性(自分の花粉を雌しべにつけても受粉しない性質)が強いものが多く授粉樹を近くに植えておかないと結実しにくいことが多くあります。スモモの場合も、「メスレー」や「サンタローザ...

寄せ植えの植え替え

  トウカエデは春の活動が早いので、1月下旬までに剪定や移植をしてやるのが安全です。 この冬は寒気が続いているので今週行うことにします。春めいてから行うと切り口から樹液...

鉢物の剪定

栽培棚で小さなトウカエデを見つけました。小盆栽に仕立ててみようとしているものです。普通であればこのように徒長する前に芽摘みをしてやれば、樹形を乱さないだけでなく、更に樹形が良くなったことでし...

花木の植付け

花の咲いている長寿梅(チョウジュバイ)の鉢を見つけました。  この植物は彩りの乏しくなる秋から春まで開花してくれるのと、おめでたい名前からも人気の花木です。  それに...

新しい記事

カテゴリー

月別アーカイブ

タグ