アルスコーポレーション株式会社

Global Site

プロフィール

西 良祐(にし りょうすけ)

大阪府立園芸高等学校教諭、甲子園短期大学教授、常磐会学園大学教授を経て、(社)フラワーソサイエティー名誉会長を勤める。 その他NHKテレビ「趣味の園芸」講師や財団法人川西市緑化協会理事、社団法人日本家庭園芸普及協会技術顧問など。

老柿の更新剪定
   

老柿の更新剪定


写真は、長い間剪定整姿を怠っていたので、
すっかり樹形が乱れてしまった柿です。
樹高が高くなり、収獲や管理などの作業が大変ですし、
下部の主枝が失われているので収穫量も少なくなっています。

▲赤丸で囲ってある木が温州ミカンです。
それに最近は果実をアライグマなど害獣に食害されるようになり、
その対策としてもこのままの樹形では困ります。
そこで今回は、この老柿の更新剪定を行うこととしました
対策の第一は、樹形をコンパクトにし、
作業をし易くすることです。
柿は不定芽が幹や主枝に多く潜んでいるので、
左右に伸び上がっている主枝の片方を
写真のように切断し、そこから新しい主枝を伸ばそうというものです。

▲剪定目安の場所を白いビニール紐で示しています。
樹形を根本的に短期間に整えるということから考えますと、
二つの主枝を思い切ってこの際切断する、ということも考えられます。
しかしもしもこの株が何かの理由で枯死するといけませんし、
果実を来年も収獲したいということからも、ここは無理を避け
向かって左側の主枝を剪定することとします

さあやってみましょう!

新鞘の発生位置の決定

これだけの太い主枝を切断した場合、切り口に保護材を塗布したり、風雨に晒されないように保護をしたとしても、切り口からのかなりな枯れ込みは避けられません。そこで発芽させたい位置から2~3㎝位上のところを切断することにします。

好都合なことにこれほどの太い主枝では、発生する新鞘は数本以上でしょうし、位置も上下の違いがあり、そのうちから適当なものを選ぶことができることでしょう。最初から赤丸で示した主枝を剪定するのは至難の業です。枝の重さもあり危険ですので少しずつ高枝鋸で枝を外していきました。

最後に鋸で地面と水平に主枝を切っていきます。

斜めに切ってしまうと高い方に向かって養分が流れていくため、剪定時は水平を心掛けましょう。

方法としては、まずは切り込みを入れ、それから全体を切っていきます。

切り口にはトップジンMを塗り、またビニール袋をかぶせて雨風の損傷を受けにくいようにしておきます。

下枝の利用

切断予定の主枝の下方から左方に下枝が伸びています。

これは大切に育ててやることにします。現状では貧弱ですが更新剪定によって日当たりがよくなりますから、きっと元気回復することでしょう。それにほとんど小枝が茂っておらず、棒状の姿です。つまり直射日光が当たる状態です。

この木の性質として直射日光の当たっている部分からは新鞘がよく発生するのです。

ですから横に伸びているこの枝は基部から多くの新鞘が立ち上がることでしょう。

これにて本日の作業は終了です。

高枝鋸などを用いて大掛かりな剪定を行いましたが、新年に向けてすっきりとしましたね。

太い枝を剪定される際はくれぐれもケガをされぬように十分注意して作業を行ってください。

今回の作業に適した刃物

高い枝の剪定では3段伸縮式高枝鋸を使用しました。最大で2.7mまで伸びるので見上げる高さの枝でも十分切り落とすことができます。

▼詳しくはこちら

アルミタイプを採用しているので腕への負担も少なく快適です。

今日のひとこと

来年もさらに園芸作業が好きになっていただけるよう素敵な記事を発信できれば・・・と思っています。

少し早いですがよいお年をお過ごしください。


新しい記事

カテゴリー

月別アーカイブ

タグ